実際にあったクレカ現金化詐欺被害

クレカ現金化による詐欺の被害について

クレジットカードの現金化はとても便利なサービスです。
うまく利用することによって、急な出費にも対応することができますし、どうしても必要なお金が手元に無いというようなときでも、そのお金を作ることができます。
そんな便利なクレジットカードの現金化ですが、怖い一面もありますのでご利用の際には気を付ける必要があります。
クレジットカードの現金化を利用したとても悪質極まりない詐欺の行為を働く業者が横行していることも事実なのです。

▼ 目次

クレカ現金化を利用する際に気をつけること

クレカ現金化については違法ではないけれどもグレーゾーンである行為となっており、そこをついて詐欺を行う業者が増えてきているようです。
信頼できると思って依頼した現金化業者が悪質業者だったなんてこともあり得ます。
利用する際には本当に気を付けなければいけません。

まずクレジットカードの現金化とは、クレジットカードに付帯しているショッピング枠をショッピングするための金額枠でなく現金に換えるという方法となっています。
自分自身で現金化を行う方法もありますが、確実に現金化することができるとは言い切れないケースもありますので、クレジットカードの現金化業者を利用するという方法がおすすめです。
クレジットカードの現金化業者を利用した場合のクレジットカードの現金化は二つの方法があります。

商品買取型ってなに?

一つ目の方法では商品買取型と呼ばれる現金化の方法です。
商品買取型ではクレジットカードで商品を購入し、さらにその商品を業者に買い取ってもらったことで現金化をすることができる方法となります。
基本的には業者に対して申し込みを行い、指定された商品をご自身のクレジットカードを使って購入します。
そしてその購入した商品を業者に売却します。
そうすることで売却した際の金額を銀行口座に振り込んでもらうという流れになります。

キャッシュバック型ってなに?

そしてもう一つの方法がキャッシュバック型と呼ばれる現金化の方法になります。
キャッシュバック型では商品自体にキャッシュバックがついてくる方法となります。
ご自身のクレジットカードを使ってキャッシュバックのついた業者に指定された商品を購入します。
そうしてキャッシュバックされる現金を銀行口座に振り込んでもらうということになります。

これらの方法を利用して現金化を行うのですが、本当に詐欺行為には気を付けなければいけません。
詐欺行為を働く悪質な業者が多いのも事実です。
もちろん基本的には優良業者ばかりではありますが、悪質な業者に引っかかってしまった場合には詐欺の被害にあってしまう可能性が考えられます。
詐欺の被害にあう内容として、どういった被害が考えられるのでしょうか。

例えば業者に申し込みを行って業者に指定された商品をクレジットカードを使って購入したのに、振り込まれるはずのお金が一向に振り込まれない、なんていうケースがあるようです。
そうなってしまうと、クレジットカード発行元会社に対する支払いだけが残ってしまい、現金を手にすることができません。
どうしてもお金が必要だったから利用したのに支払いだけ増えて現金は手に入らなかったなんてことになりかねません。
ほしくもない、また価値のほとんどない商品だけ送られてきて、高額な支払を負うことになってしまいます。
その現金を利用して返済を考えていた場合でも、計画的な利用の計画をつぶされてしまうことになります。
結果的に支払いしか残らなくなってしまうのです。

このようなことを考えたらとても怖いですよね。
もちろんそういった業者ばかりではないので、安心して利用できる業者もたくさんあります。
詐欺の被害にあわないようにするためにも、まずはクレジットカードの現金化を利用するのであれば現金化業者選びが非常に重要となります。
業者選びを気を付けましょう。

優良業者を選びましょう

だけどどうやって気を付ければいいものなのでしょうか。
それは業者選びの際に安心して利用できる優良業者を選ぶことです。
そのためには業者に対しての情報を知らなければいけません。
口コミや評判を参考にするというのも一つの方法です。
最近ではインターネット上の口コミサイトが充実していますので、そういった口コミサイトでの口コミ、またクレジットカードの現金化優良業者紹介サイトなどを参考にするのもよいかもしれません。

ですが完全に鵜呑みにしてしまうことは避けたほうがよいでしょう。
実際の口コミや体験談ではなく、サクラと呼ばれる業者側の人間が口コミを広めているケースも考えられます。
また利用した際の感想なども一人一人違いますから鵜呑みにしすぎるのもよくありません。
参考程度にとどめておいて実際に現金化業者に対して問い合わせるなど、自分の目で見て、自分の耳で聞いたものを信用するようにすることが大切です。
悪質な業者の場合は問い合わせの電話番号や住所など会社の詳細が記載されていないケースも多いです。
ですので悪質な業者かそうでないか見極める一つのポイントになります。
クレジットカード現金化の優良店比較