クレカの現金化って違法?

HOME » 詐欺被害情報 » クレカの現金化って違法?

クレカの現金化って違法?

非常に便利なサービスであり、耳にすることも多くなってきたクレジットカードの現金化ですが、このクレカ現金化について利用すると違法になる行為なのでしょうか。
それとも法的には大丈夫なのでしょうか。
その辺はいったいどうなるのかご説明していきますね。

クレジットカードの現金化とは、クレジットカードに付帯しているショッピング枠を現金に換えることで、必要な現金を手にすることができるという方法になります。
自分自身で現金化を行う方法と、現金化業者を利用して現金化を行う方法があります。
現金化業者を利用した場合には商品買取型とキャッシュバック型の二通りの現金化の方法があります。
何より審査をすることなく現金を手にすることができるというメリットが魅力的であるとして注目を集めているんですね。

そんなクレジットカードの現金化なんですが、利用して違法になってしまうのであれば利用はおすすめすることはできないのですが、現時点においては違法行為ではないようです。
ですがあくまでもグレーゾーンの範疇なようですね。
違法ではなく現時点においてこのクレジットカードの現金化を法的規制する法律がありません。
ですがクレジットカードの現金化における違法行為を働いた業者が摘発されたというケースも過去にはあります。

貸金業法や出資法と呼ばれる法律が日本にはありますが、クレジットカードの現金化を行うにあたってその内容が貸金業法や出資法違反になっている行為であると判断された場合には逮捕されたというケースがあったようです。
クレジットカードの現金化における商品買取型については、クレジットカードを利用して商品を購入し、さらにそれを売却することで現金を手にするという方法になるのですが、違法行為と判断されて逮捕された業者の場合は、商品買取型の現金化の建前はとっていたものの結局のところ実際は購入された商品を送らずに現金を渡していたというような、間のやり取りを省いたことによって商品の売買行為ではなく違法に当たるとして逮捕されるに至ったようです。