クレカの現金化による詐欺被害1

HOME » 詐欺被害情報 » クレカの現金化による詐欺被害1

クレカの現金化による詐欺被害1

クレジットカードの現金化を行うことによって、それを利用した現金化の詐欺被害にあっている方も中にはいらっしゃいます。
クレジットカードの現金化はとても便利に利用することができるサービスではありますが、中にはうまく利用して詐欺のような行為を働く悪質な業者が増えているということも事実です。
ですがそんな詐欺行為を働く悪質な業者に引っかかってしまった場合にはどういった詐欺の被害にあってしまう可能性があるのでしょうか。
悪質な詐欺の行為の一つとして例を紹介します。

詐欺被害1【お金が振り込まれない】
クレカの現金化を業者を利用して申し込んだにもかかわらずいつまでたってもお金が振り込まれないというものです。
クレジットカードの現金化業者を利用した現金化の場合では、クレジットカードの現金化業者に申し込みを行い、そして業者側に指定された商品を購入します。
それから購入した商品を再び業者に売却することによってお金が振り込まれるというものになります。

ですが申し込みをして手続きも行ったにもかかわらずお金がいつまでたっても振り込まれない、というようなケースが横行しているようなんです。
お金が振り込まれないと、支払いのみが発生してしまって現金を手に入れることができないというようなことになってしまいます。
結果的にお金を手に入れることができずに、クレジットカードの発行元会社に対して請求額に応じて支払いをしなければいけません。

クレジットカードで商品を購入した際に、あとでその購入代金を返済する会社と、現金化したことによってお金を振り込んでくれる会社は異なります。
ですので詐欺の被害にあったとしても、関係のないクレジットカード発行元会社にはお金の返済は必ず行わなくてはいけません。
待てども待てどもお金が振り込まれない詐欺被害にあった方は実際に多くいるようなんですね。
悪質な業者ばかりではありませんが、そういった業者がいるのも事実です。