クレカの現金化による詐欺被害2

HOME » 詐欺被害情報 » クレカの現金化による詐欺被害2

クレカの現金化による詐欺被害2

クレカの現金化はとても便利なサービスではありますが、現金化によって詐欺の被害にあってしまう方もいらっしゃることも事実です。
うまく現金化をすることができればとても便利ですし、生活において大きく役立ってくれるものではあります。
ですが詐欺の被害にあう可能性があるということを忘れずに気を付けて利用する必要もあります。
クレジットカードの現金化を行おうとして詐欺の被害にあわれてしまった方の実例をご紹介します。

詐欺被害2【クレジットカードの情報が盗まれる】
様々な詐欺の被害にあわれた方がいらっしゃる中で、クレジットカードの情報を盗まれてしまったという悪質な詐欺にあわれた方もいらっしゃいます。
クレジットカードの現金化を行うのであれば、必ずクレジットカードの情報が必要になります。
クレジットカードのショッピング枠を現金に換えるという行為になりますから、まずは業者に指定された商品をクレジットカードを使って購入する必要があります。
そのためクレジットカードの情報を購入する際に相手に渡してしまうんですね。

もちろん優良業者を利用している場合では、そういった大切なクレジットカードの個人情報を盗まれてしまうようなことはあり得ません。
ですが悪質な業者を利用してしまった場合に、クレジットカードの個人情報を盗まれて、さらにその情報を悪用されてしまうなんて言う詐欺被害にあってしまうケースが考えられるのです。

また他にも身分証明書の提出によって個人情報を盗まれるというケースもあるようです。
商品を購入する際にクレジットカードで購入する場合には、HTTPSという暗号通信を通常では使用しています。
ですからクレジットカード情報を入力する画面でURLを必ず確認するようにしてください。
https:で始まるURLの場合は暗号通信となり安全であるといえますが、http:で始まるURLである場合は、クレジットカードの個人情報入力画面がクレジットカード会社以外に読み取られている危険性があるといえるので注意しましょう。